本田としあき
本田 敏秋(ほんだ としあき)
出身 岩手県遠野市
年齢 70歳 (2017年12月15日現在)
家族構成 妻、安子 市内自宅で2人暮らし 2男1女は独立
趣味 山歩き、読書

 神奈川大学法学部卒。1970年(昭和45年)岩手県庁入庁。消防防災課長、工業振興課長、企画調整課長、久慈地方振興局長などを経て2002年(平成14年)の旧遠野市長選で初当選。2005年(平成17年)の市村合併に伴う新市長選に無投票当選。現在通算4期目。

 東日本大震災では、市として官民一体の指揮を執り沿岸被災地の後方支援活動を行っている。また、次世代を担う子供たちのために持続可能な社会を目指し中学校再編、総合食育センターの整備等を手掛けている。平成26年度は「子育てするなら遠野推進本部」と「六次産業推進本部」を立ち上げ、子育て環境の充実と産業振興に力を注いでいる。

経歴

昭和22年08月10日(1947) 遠野市綾織町に父正二、母ヤスの3男として生まれる
昭和41年03月(1966) 県立遠野高等学校卒業
昭和41年04月(1966) 神奈川大学法学部入学
昭和45年03月(1970) 神奈川大学法学部卒業
昭和45年04月(1970) 岩手県職員上級職採用
岩手県教育委員会総務課を振り出しに、成人福祉課・地域振興課・企業立地課・秘書課
医務課等において老人福祉、企業誘致、工業開発、知事秘書、医療の業務を担当
平成05年04月(1993) 企画調整部科学振興室長
平成07年04月(1995) 総務部消防防災課長
平成09年04月(1997) 商工労働観光部工業振興課長
平成11年07月(1999) 企画振興部企画調整課長
平成12年04月(2000) 久慈地方振興局長
平成13年12月(2001) 久慈地方振興局長退職
平成13年12月(2001) 21世紀遠野を創造する会会長
平成14年04月(2002) 旧・遠野市長に就任。(初当選)
平成17年10月(2005) 新・遠野市初代市長に就任
平成17年10月(2005) 初代(新)遠野市長 就任(通算2期目)
※平成17年の遠野市と宮守村の合併に伴う
平成21年10月(2009) 遠野市長 再選(通算3期目)
平成25年10月(2013) 遠野市長 3選(通算4期目)
現在に至る

主な役職等

総務省 過疎問題懇談会委員
総務省 遠隔医療の推進に係る懇談会委員
全国道の駅連絡会会長
東北道の駅連絡会会長
東北郵政事業評価懇談会委員
岩手県緑化推進委員会理事長
一般社団法人福祉自治体ユニット代表理事
岩手県森林・林業会議理事
岩手県森林審議会委員
岩手県林業構造改善事業促進協議会会長
国道340号整備促進期成同盟会長
東北大学東北メディカル・メガバンク計画倫理的・法的・社会的課題検討委員

主な受賞歴

第5回マニフェスト大賞 審査委員会特別賞(遠野遺産認定条例) 2010年(平成22年)
第6回マニフェスト大賞 東日本大震災支援大賞(後方支援基地構想) 2011年(平成23年)
日本経済新聞社「にっけい子育て支援大賞」(遠野市わらすっこ条例及びモバイル遠隔システムによる妊婦健診)
2010年(平成22年)
ひまわり褒章2013自治体部門賞(遠野型すこやかネットワーク・すこやか電子手帳の取り組み)
2013年(平成25年)

個人の受賞歴

総務大臣表彰(市町村合併功労者) 2005年(平成17年)
東北市長会在職10年表彰 2012年(平成24年)
全国市長会永年勤続功労者表彰(在職12年) 2013年(平成25年)
陸上自衛隊第九師団からの感謝状(後方支援拠点施設の検討・整備及び防災意識の高揚、協力体制強化に付与)
2013年(平成25年)
日本赤十字社金色有功章 2014年(平成26年)
日本建築学会文化賞 2014年(平成26年)
東北市長会在職15年表彰 2017年(平成29年)
【H25.8.29更新】