「遠野スタイル」による「再生への挑戦」「託された責任」を遠野市の「未来」に

 「合併前・後」そして「震災前・後」市町村を取り巻く情勢や環境は大きく変貌しました。

 「ぼやくな・ひるむな・ひがむな」を基本スタンスとして厳しい行政事情に立ち向かうため、多くの市民の皆さんのご理解とご支援をいただき、ひたすら「挑戦の気概」をもって取り組んで参りました。

 平成の大合併から早や8年。新遠野市長に就任して2期8年です。この間、「真遠野市のまちづくり」計画の中で市民の皆様にお約束した課題解決に全力で取り組み、概ね約束事項をそれぞれ「形」とすることができました。

 市政を活力あるものに変えるのは、志あるリーダーと市民の皆様との「共同作業」です。その作業には、事実を、そして現状を正確に把握する中で、不動の信念が常に求められます。

 このたび「遠野スタイル」による「再生への挑戦」を掲げ、遠野市政の更なる改革のため、全力投球で取り組む覚悟を致しました。

 遠野の誇るべき地域資源「自然・歴史・文化・風土」をゆるぎない基板として捉え、「地理的、歴史的、地勢的」優位性を最大限活かし、近未来を意識した「遠野市の再生」をダイナミックに推進して参らねばなりません。市民の皆さんから「託された責任」を遠野市の「未来」にしっかりと繋いでいかなければなりません。

"イニシアティブは遠野が取る" 全国の市町村の仲間とひた向きな「挑戦」

 基礎自治体としての全国市町村の行財政の現状は、益々厳しさを増してきております。道州制・広域連合、国の形として望ましい姿は見えて参りません。今、住民生活に直結している市町村という現場から、新たな発想に基づく様々な仕組みのあり方を提言し、行動を起こしていくことが求められております。

 3万人の遠野市民は、東日本大震災により被災地の皆様と真正面から向き合い、「遠野スタイル」による「後方支援活動」を実践されました。それは正に「遠野イニシアティブ」でもありました。市町村再生の"イニシアティブは遠野が取る"を目指し、全国の市町村の仲間とひた向きな「挑戦」を続けて参ります。

ブログ最新記事

つなぐ

 2月21日(月)あえりあ遠野交流ホールにて、遠野スタイル総合力推進フォーラムを開催しました。参加者は約180名。その中には、地域の課題に関心を持つ20名の高校生も参加してくださいました。  岩手大の小野寺純治特任教授の基調講演、5人のパネリストによる討論、遠野市まちづくり政策検証報告等が行われ、オール遠野の総合力で「産業振興・雇用確保」に立ち向かうため、市政課題と今後の方向性について関係者の意識共有を図るものとなりました。提案結果を踏まえ、人と人をつなぎ、人を活かした未来の遠野へ向け、確実に前に進みたいと思います。
続きを読む

リンク

キャラクター

本田としあきWeb マスコットキャラクター としあきさん